誰でも英語が使えるはず!

アメリカの人たちは、生まれて数年で誰でも自然に英語を話し、高度な文法事項も使いこなすようになります。このことを考えると、正しい方法で学びさえすれば、特別な先生に教わらなくても、特別な才能がなくても、きっと日本人も英語を使えるようになれるはずです。

言葉の土台は「ネイティブ感覚」です!

赤ちゃんが言葉を学ぶとき、「単語の暗記」「文法の学習」「読解」「作文」などから始めるわけではありません。赤ちゃんは、まずたくさんの「会話」を「聴く」ところから言葉を学びはじめます。そして自分から話したり書いたりするまえに、ジェスチャーなどでやりとりをしたり、大人の会話のマネをしたりします。こういう経験を毎日繰り返すことにより、ある日突然、自分から会話を始めるのです。これは、相手の言葉のニュアンス(辞書的な意味を超えた、会話中での意味合い)を瞬時にとらえ、言葉で反射的にリアクションする能力が身についたことを意味します。ネイティブ・スピーカーが母語を使いこなす時に使っているこの能力を、「ネイティブ感覚」と呼びます。「ネイティブ感覚」は、いわゆる「4技能」の土台になっており、この土台がないと「使える英語」にはならないのです。

イメージ


イメージ

コミュニケーションとは、Call&Response

コミュニケーションとは、人と人との「よびかけ(Call/コール)」と「応答(Response/レスポンス)」による気持ちや考えのやりとりのことです。これをCall & Response(コール&レスポンス)と呼び
ます。Call & Responseのいろんなパターンをnatural speaking speed(ネイティブ・スピーカーが普通に話す時のスピード)で身につけることで、「ネイティブ感覚」が育ちます。

赤ちゃんが自然に言葉を習得する
プロセスを、もう一度たどり直そう!

わたしたちも赤ちゃんに倣って、まずはたくさんの会話を聴きましょう。
つぎに自分でもシンプルなやりとりをやってみましょう。
そして会話をマネしてみましょう。赤ちゃんが自然に言葉を習得するプロセスを、もう一度たどり直しましょう!…それがセイン英語ジムのモットーです。


先進のデバイスを使って
いつでもどこでもワークアウト!

iPadなどのタブレット・スマートフォン・パソコンを使って、ワークアウトを日常的に行える仕組みが作られています。またデイビッド・セイン英語ジムのクラウドサービスは、あなたのワークアウトをポイント等の記録に残して、いろんな機器から確認できるようにします。これはきっとあなたにとって励みになります。さあ、皆さんもデイビッド・セイン英語ジムを始めましょう!

イメージ


デイビッド・セイン英語ジムの言語習得には確かな理論があります。

無料体験おためし版

お申込みはこちら

入会の流れ

メルマガ会員募集

デイビッド・セイン英語ジムトップ

資料請求・お問合せ お申込み 無料体験おためし版

幼児・小学生の方はこちら 中学生・高校生の方はこちら 大学生・社会人の方はこちら