3 Minute English!

天気の英語、fineは「晴れ」ではない!

Hi ! David Thayneです!!

今日は雲ひとつない、みごとな晴天でした。オフィスにいても、ふらりと外に出たい誘惑に駆られるのをなんとかガマンしました。
ところで、この「晴天」のことを、英語でいう場合、fineだと思っている人は案外多いのではないでしょうか。
It's fine today.を「今日は晴れだ」というふうに習ったからです。けれど、fineという語は、「気持ちのいい日」ということ。たとえ少々曇っていても、使うことばなのです。
「快晴」を意味する語はclear、あるいはfairです。厳密にはclearが「快晴」、fairが「晴れ」ですが、天気予報でも区別していない場合があります。またsunny daysunny skiesなどを用いることもできます。
ではここで、天気に関する英語についていくつか見ておきましょう。英字新聞で天気予報を読んだり、ニュースで天気予報を聴いたりするときにも役立つはずです。

晴れ clear
曇り cloudy
雪 snow
風が強い windy
にわか雨 shower
雨の rainy ※雨期 rainy season
エルニーニョ現象 El Nino effect
雹(ひょう)(がふる) hail
稲妻 lightening
雷 thunder
嵐 storm
ブリザード、猛吹雪 blizzard
霧 fog
もや mist (※fogより薄い)
虹 rainbow
砂嵐 sandstorm
霜 frost

ワンポイント
――out of the blueとは?――
「青空」はa blue skyですが、これを使った表現にa bolt from the blue「青天の霹靂(へきれき)」(晴れた空に突然鳴る雷)→「思いがけないこと」というものがあります。
ここからout of the blue「だしぬけに、突然」という言い方も使われるようになっているので、覚えておきましょう。

The idea came to me like a bolt out of the blue.
突然、そのアイディアがひらめいた。

次回もお楽しみに!
:Dセイン

入会の流れ

メルマガ会員募集

デイビッド・セイン英語ジムトップ

資料請求・お問合せ お申込み 無料体験おためし版