3 Minute English!

同じ「反対」でも形はいろいろ

Hi ! David Thayneです!!

今日、弘樹はカレンを伴って、取引先の会社でのミーティングに向かいました。ところが取引先に着いたとき、ミーティングの資料をオフィスに置き忘れてきたことに気づきました。

カレンは、

I'll get the papers!
私が取ってくるわ

と言い置き、走り去ろうとしました。ところがその方向が、オフィスとは反対。実はカレンは方向音痴だったのです。
「反対だよ!」
この弘樹の言葉を英語にする場合、「反対の」という言葉には次のうちどれを使うといいでしょう?
① opposite ② contrary ③ reverse
日本語と英語では、一見同じ意味の語にみえても、実は「言葉の持つ範囲」が違っていることがよくあります。たとえば日本語の「反対の」という語は、方向、位置、順序、性質など、さまざまな事柄に関して使える言葉です。けれど英語では、使い分けが必要です。

opposite方向・位置、そしてある物の性質や傾向に ついて「正反対」であることを示すときに用います。
contraryは基本的に、意見や立場、性質などが「正反対」であるという意味です。
reverseは、位置や動作の方向、また特に順序・面の裏表などが「逆」であるという関係を示すときに用いられます。

弘樹の言葉は「反対方向だよ!」という意味なので、oppositeを用いることになります。
It’s in the opposite direction.

ワンポイント
――より英語らしくするには――
「反対だよ」と言いたいとき、より口語らしい表現としてthe other(もうひとつの方の)を用いたり、あるいは「間違った」「好ましくない」などの意味を含む文脈の場合はthe wrongを用いるとニュアンスがうまく伝わることもあります。

弘樹の言葉も、
That’s the wrong way!
とすると、グッとネイティブらしくなります。

次回もお楽しみに!
:Dセイン

入会の流れ

メルマガ会員募集

デイビッド・セイン英語ジムトップ

資料請求・お問合せ スクール会員・ホーム会員お申込み VOCABULARY CONTESTお申込み 無料体験おためし版